お笑いとアーティストの二足のわらじを履くアップダウン竹森巧さんインタビュー

アップダウン 竹森巧

お笑い芸人アップダウンとして活躍するかたわら、5月31日に自身で作詞作曲を手掛けた1stソロミニアルバム『あの空よりも、高く。』をリリースした竹森巧さんにお話を伺いました。

…まず音楽を始めたきっかけを教えてください。

12年ぐらい前に芸人として出演しているライブで、COWCOWさんから「竹森、お前ギター覚えて愛の歌を作って、愛の伝道師になれ」って無茶振りされたのがきっかけです。最初はやるつもりなかったんですけど(笑)、無理やり次のライブまでに1曲作ってこいっていうことだったから、必死で練習して覚えてっていう感じかなぁ。

…デビューアルバムの発売が決まった時の心境は?

「ようやくスタートが切れるな!」って感じ。12年前から始めたことがやっと形になったミニアルバムだからこだわっていて、テーマが“故郷”でプロデューサーもミュージシャンも北海道在住の方たちにやってもらって北海道のスタジオで録りました。

…『あの空よりも、高く。』に込めた意味を教えてください。

曲は網走をイメージにしたタイトルなんだけど、北海道ってやっぱ空が高いような感じがするし広大な大地とか自然というのを超えて音楽で繋がりたい。という意味に、今しました(笑)。

…アルバムの中でオススメの1曲は?

全部オススメなんだけどねぇ。女性には『君が好き』っていう曲を聴いてほしいですね。男の女性に対する気持ちを歌った曲になっているので。

アップダウン 竹森巧

…『心の街』のMVで監督を務めた品川ヒロシさんとは普段から仲良しですか?

全く仲良くないです(笑)。僕自身があまり芸人とつるまなくて異業種の人たちとの方が普段から遊ぶんだけど、芸人とは仕事が一緒になった時は普通に話したりするぐらい。

…では品川さんに撮ってもらおうとした理由は?

相手の才能を感じてお願いしたっていう感じかなぁ。品川さんだったら良いMVを作ってくれるんじゃないかなぁって思って。そして向こうも曲を聴いて「これだったら作るよ」って言ってくれた。

…MVの観どころを教えてください。

MVに1度も僕が出てこないところが観どころです。っていうのは冗談で(笑)、品川さんが僕たちを芸人のアップダウンとして見てきて感じた想いというのをMVに織り込んでくれたところが観どころです。

…相方の阿部さんは竹森さんのアーティスト活動についてどう思っていますか?

うーん…コンビって照れるから、個々の活動に関してはあんまり触れないんだけど、5月31日のアルバム発売のことをブログに書いてくれてて、見たら応援メッセージが書いてあって恥ずかしかった(笑)。「あー応援してくれてんだ、ありがとう」って思ったね。

…芸人の仕事の時はどちらがネタを考えていますか?

いまは両方考えているんですけど、ずっと僕が考えてて、コンビ解散しようかっていう危機があったときから相方も協力してネタを考えてくれるようになった。全く違うネタを作るから良いよね。(笑)

…ネタを作るのと、曲を作るのとで気持ちの違いはありますか?

全く違うよねぇ。お笑いと音楽はちょっと違って、お笑いは瞬時に目の前の人を笑わせないとダメだからお客さんのことを考えて作るけど、歌の場合は、お客さんに何かを感じさせるために作るからそこが違うよねぇ。

…今後、お笑い芸人としての活動と歌手としての活動はどのように両立していきたいですか?

お笑いも歌もひとつのエンターテイメントだと思っているので分けて考えてなくて、最初は不安だったんですけど、今はもうお笑いやって音楽やって、っていうのが馴染んできていて相方も理解してくれてるので、それを続けながらこれからも人に何か感じてもらえるような活動をしていきたいですね。やっぱり人に何かを感じてもらいたいっていうのがあるので、続けてはいくと思います。でも、この活動をやめて全然違うことをするのも、エンターテイメントだと思ってます。元々芸人をやりたくて入ったわけじゃなくて相方に誘われたから始めたし、音楽もやりたくて始めたわけじゃないし、全部流れなんですよね。人との出会いですね。一期一会というか。求められ続けたら続けますって感じです。

アップダウン 竹森巧

竹森巧

北海道森町出身。よしもとクリエイティブ・エイジェンシー所属。5月31日に1stソロアルバム「あの空よりも、高く。」をリリース。札幌では月に1回、トーク&ネタとアコースティックの「定例発表会×竹森会」を開催。