タイトルの意味を誰かと共有したくなる 映画『君の膵臓をたべたい』

君の膵臓をたべたい

映画『君の膵臓をたべたい』の関係者試写会に学生4人でお邪魔してきました!

すでに原作を読んでいた学生もいましたが、原作との違いを楽しむことができる脚本になっており、もちろん原作を読んでいなくても誰でも楽しめる内容でした。

また友だちと一緒に観ると、観終わった後に話で盛り上がれるのも、この作品の素晴らしいところだと思いました。

ストーリー

まず映画『君の膵臓をたべたい』のストーリーをご紹介します。

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく―。

膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。

桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた―。

そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人―。

感想

君の膵臓をたべたい

この映画は最初、大人になった「僕」の目線から始まります。

そこから回想シーンとなり高校生の「僕」と桜良が出会い、一緒に過ごすようになるまでの流れや、「僕」が桜良に振り回されながらも次第に2人の距離が近づいていく様子が描かれ、観ていて胸が温かくなりました。

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

特に2人の恋人のようで恋人じゃない距離感には、恋愛映画とはまた違うドキドキを感じました。その独特な距離感には、「僕」や桜良の気持ちを観た人が想像できる“余白”があります。そこが観終わった後に友だちと会話が弾む理由のひとつです。

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

そして、この作品のタイトルに込められた深い意味を知ったとき、一緒に観た人と共有せずにはいられなくなるはずです。

やがて大人になり、桜良の伝えたかった想いに「僕」と桜良の親友・恭子は気づきます。いままで全くつながりがなかった2人が、桜良の想いによってつながるシーンにもとても感動しました。

君の膵臓をたべたい

桜良の友だちや周りの人を想う気持ちを考えると、改めて自分の友人がとても大切に思えてきます。ぜひ友だちや大切な方と観に行ってほしい作品です。

君の膵臓をたべたい

  • 原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊)
  • 監督:月川 翔
  • 出演:浜辺美波 北村匠海 /北川景子 小栗旬
  • 主題歌:Mr.Children「himawari」(TOY’S FACTORY)

7月28日(金)より、札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌など全道で公開

©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

OFFICIAL WEB

Recommend
No articles