4人の青春に共感して号泣必至 映画『心が叫びたがってるんだ。』

心が叫びたがってるんだ。

7月22日より全国公開の映画『心が叫びたがってるんだ。』は、2015年に公開されたアニメーション映画の実写版です。

目の前の大切な人に「好き」と伝えることができない4人の青春ムービーで、『近キョリ恋愛』『君に届け』などを手掛けた熊澤尚人さんが監督を務めています。

この映画の観どころや共感したポイントを解説します。

ストーリー

まずは物語をご紹介。

心が叫びたがってるんだ。

高校3年の坂上拓実(中島健人)は、「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命されてしまう。
一緒に任命されたのは、おしゃべりが出来ない少女・成瀬順(芳根京子)だ。彼女は幼い頃、自分の一言で両親が離婚してしまい、それ以来誰にも心を開かなくなっていく。その他に優等生の仁藤菜月(石井杏奈)、野球部の元エース田崎大樹(寛一郎)が選ばれる。じつは拓実と菜月は元恋人で、2人は自然消滅した後、お互いに気持ちを確認できずにいた。
担任の思惑で、“ふれ交”の出し物がミュージカルに決定する。
「ミュージカルは奇跡が起こる」という担任の一言に勇気を出した順は物語を書くことを決意し、さらに主役に立候補する。
そんな彼女の姿に感化された拓実が曲をつけることになった。
拓実の優しさに好意を寄せるようになる順に菜月は自分の想いを諦め、そして大樹は夢を追う順の姿に好意を寄せ始めるが、目の前の人に好きと言えずすれ違う4人。
そして、舞台当日「やっぱり歌えない」と順は姿を消してしまい、拓実は順を探しに行くが舞台は主役不在のまま幕をあけてしまう…

登場人物

映画の中心となっている4人のキャラクターについて、試写で観させていただいた感想や共感したポイントを交えてご紹介します。

心が叫びたがってるんだ。

成瀬 順(なるせ じゅん)

芳根京子さん演じる、おしゃべりが出来ない少女、成瀬順は言葉で人を傷つけてしまい二度とおしゃべりができないように言葉を封印されてしまいます。喋りたいのに喋れない、伝えたいのに伝えることができない、そんな順を見ていると悲しくなり胸が痛くなりました。

順を中心に実行委員の仲が深まり、クラスの仲も深まっていくシーンでは映画を観ている側なのに自分のことのように嬉しくて気がつけば映画にくぎ付けになっていました。

言葉は刃物のようなもので、簡単に人を喜ばせることができる反面、簡単に人を傷つけてしまいます。この映画を観て、言葉の大切さが伝わってきました。


坂上 拓実(さかがみ たくみ)

中島健人さん演じる「本音を言えない少年」坂上拓実は思ったことを伝えることが出来ず、いつの間にか本音を隠して生きるようになります。

本音を言ったら嫌われるんじゃないか、嫌な顔をされるんじゃないか。そう思うと自分の本音を伝えることができない拓実の気持ちにすごく共感しました。

勇気を出して自分の本音を伝えたい、そんな拓実をみていると勇気を出すことの大切さをすごく感じます。


心が叫びたがってるんだ。

仁藤 菜月(にとう なつき)

石井杏奈さん演じる「恋を諦めた優等生」仁藤菜月は、過去に自分の言葉で拓実を傷つけてしまいます。

そのせいで拓実と自然消滅してしまいますが、今もまだ拓実を想い続けているのです。でも拓実と順の親しげな姿を見て、拓実への気持ちを諦め2人を応援しようとします。

拓実に自分の気持ちを伝えないまま、そして拓実の気持ちを知らないまま、自分の気持ちを諦めてしまう菜月を見ているともどかしくなります。


心が叫びたがってるんだ。

田崎 大樹(たさき だいき)

寛一郎さん演じる「夢に破れた、野球部のエース」田崎大樹は、野球部のエースとして甲子園を目指していましたが、ヒジの故障で挫折してしまい、チームメイトにどう接していいのかわからず、関係がギクシャクしてしまいます。

野球がしたいのに出来ずイライラが募り、ついついチームメイトにあたってしまう。

信頼関係というものは築くのには時間がかかりますが、崩れるのは一瞬のたった一言なのです。

関係を回復させたくても、お互いにそう思わないと元に戻すことは難しく、なかなかチームメイトとの関係を戻すことができない大樹。
そんな大樹の気持ちを思うと、胸が張り裂けそうになりました。

まとめ

4人に共通していることは、自分の気持ちを素直に伝えられないこと。

自分の気持ちを伝えていたら何かが変わっていたかもしれない。そう思うと、自分の気持ちを伝えることはすごく大切なことだと思いました。

この映画を観て、勇気を出して自分の本音を伝えてみよう、自分の殻に閉じこもったままじゃなく自分で殻を破っていろんな世界を見てみようと思いました。

自分の気持ちをうまく伝えることができない、周りからどう思われるか怖くて自分の本音を伝えることができない、そういう方はぜひこの映画を観てほしいです。

誰もが共感できるようなストーリーで、観終わると大きな満足感に浸ることができますし、この映画から何かヒントを得られる方がたくさんいるのではないでしょうか。

「この夏、一番泣ける最高の感動作」という宣伝コピーは伊達ではなく、実際に試写会では号泣しすぎて立てなくなった学生編集部スタッフもいましたので、ハンカチをお忘れなく!!

映画『心が叫びたがってるんだ。』

  • 出演:中島健人 芳根京子 石井杏奈 寛 一 郎 / 荒川良々 大塚寧々
  • 原作:超平和バスターズ
  • 監督:熊澤尚人
  • 脚本:まなべゆきこ
  • 音楽:横山克

7月22日(土)より、札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌など全道で公開

©2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 ©超平和バスターズ

OFFICIAL WEB

Recommend
No articles