「すぽおおおおおん」昨日よりも今日を新しく、進化するM.S.S Project

M.S.S Project

ネットで人気が出て、近頃テレビにもたびたび姿を現すようになったM.S.S Projectという4人組のユニットがいる。最近では「めざましテレビ」でも特集され、その名を全国に轟かせた。

作詞作曲をするFB777(えふびーすりーせぶん)とギターを担当するKIKKUN-MK-II(きっくんまーくつー)を中心に、あろまほっと、eoheoh(えおえお)の4名で活動をしている。

専門学校で知り合ったFB777とKIKKUN-MK-IIが自分たちの音楽を知ってもらうための宣伝活動として、ゲーム実況動画を投稿するところから始まる。

2人では面白くないとFB777の高校時代の友だちである、あろまほっととeoheohを誘い、2人はゲームをするだけでいいと言っていたのだが、あろまほっとが「面倒くさいので喋らせろ」と言ったのが4人ユニット、M.S.S Projectが動き始めたきっかけだ。

「M.S.S Project」とは“中二病プロジェクト”を英語にして、Middle Second Sickness Projectの頭文字だけをとったもので、名の通り少しイタい感じが売りだ。

メンバー4人のうち2人は顔が見えない(1人はサングラスだが顔出しNG)というかなり変わった集団で、動画内はまさにカオスと名付けられるほど叫び声や笑い声、罵倒などが飛び交っている。

そんな彼らが作る音楽は宇宙をテーマにしたものが多い。その世界観や腹の底に響くような重低音が歌詞とマッチしてどこか心をえぐられる。昭和のゲーム音楽を思い出すような雰囲気があるという人もいて、一度ハマると抜け出すことのできない中毒性がある。

はじめは初音ミクのボカロ曲が中心で投稿頻度も決して多いといえるほどではなかった。あるとき『最後の歌』という曲で音楽動画の投稿が途切れ、本当に最後になってしまうのではないかという噂がファンの間では流れたが、そんなことを吹き飛ばすようなビックニュースが彼らの口から告げられる。

それは2013年に1stアルバム『M.S.S.Planet』がリリースされるというものだ。その中にはFB777とKIKKUN-MK-IIがボーカルとして表記された曲が収録されていたり、eoheohが作詞を担当した曲も数曲収められている。

2014年の2ndアルバム『M.S.S.Phantom』では、あろまほっとが作詞した曲が入り、これで4人全員が楽曲制作に関わったことになる。

同じ年に3rdアルバム『M.S.S.PiruPiruTUNE』が発売される。このアルバムは今までに発表してきた曲を8bitのゲーム音声風にアレンジしたものだ。

2015年の4thアルバム『M.S.S.Party』では、初めて4人全員がボーカルとして参加した曲が収録され、ファンは歓喜に沸いた。そしてアルバム収録曲がアニメのオープニングテーマに決定し、その年の冬に全国ツアーライブが開催され、彼らの出身地である北海道を千秋楽に熱いライブが繰り広げられた。

その後も勢いが衰えることはなく、2016年には1stシングル『Egoist Unfair』が発表されアニメの主題歌となる。夏にはまたも全国ツアーが決まるが、音楽のライブではなくゲーム実況集団としてのバラエティーライブだった。観客も一緒になって楽しめる参加型のミニゲームが多数あり、全国の会場で得点を競う玉入れもあった。

そして冬には彼らの本文とも言える音楽ライブツアーが行われた。2015年よりもパワーアップしたパフォーマンスと演出に涙した人も少なくない。KIKKUN-MK-IIが、「まだ解散はしないし、活動をやめる気もない。これからも自分なりのペースで俺たちについてきてほしい」と言うと、会場中のファンから「ありがとう」という言葉が溢れた。

そんな中、新曲が発表される。これは彼らからファンに向けてのサプライズで、ライブの一番最後の演目で新曲を歌ったのだ。だがそれだけでは終わらず、約2年ぶりのアルバム『M.S.S Phantasia』リリースと2017年2月18日に日本武道館でのライブが決定し、KIKKUN-MK-IIの「一度追いかけることをやめた人も、ずっとついてきてくれた人も武道館では今までに見たことのない景色を見せてやるよ」という言葉に会場中が胸を熱くした。

そんな景色を見ようと、武道館ライブの一般チケットは発売後数十分で完売し、どれだけのファンがこのときを待ちわびていたのかと考えるだけでこみ上げてくるものがある。
 
KIKKUN-MK-IIが小さい頃からの夢だと語っていた武道館ライブでは、8年間の集大成ともいえる壮大なパフォーマンスが披露された。全国ツアーよりも楽曲数が多く、最新アルバムの曲を皮切りにM.S.S Projectというチームの歴史を振り返るようなライブだった。ステージ上の演出もダンスも完成度が増していて、安心感の中に新しい刺激が加えられており、全国ツアーを網羅した人でも飽きることなく楽しむことができた。

アンコールではメンバーそれぞれのソロ曲をメドレーにして会場を再び湧かせた。最後にお決まりになりつつあるKIKKUN-MK-IIの「ここにいる全員がMSSPだ」という言葉と共に『M.S.S.Phantom』に収録されている『We are MSSP』が流れ幕を閉じた。

と思ったそのとき、スクリーンに重大発表の文字が現れ、武道館ライブのDVDが発売されることと、夏に全国ツアーが再び行われることが告知されたのだ。割れんばかりの歓声と拍手が会場を包み本当のライブ終幕を迎えたのである。

全国ツアーは7月22日(土)23日(日)の2日間、Zepp Sapporoからスタートする。チケットは全て即完売した。

留まることを知らないM.S.S Project、日々新しいことに挑戦する彼らをまずは動画からチェックしてみてほしい。

文:藪 亜季

M.S.S Project

M.S.S Project
Soul Meeting Tour 2017
7/22(土)23(日)Zepp Sapporo
問:ウエス/011-614-9999

オフィシャルサイト

柿原徹也 7/29 SBA 声優 体験入学

Recommend
No articles