『キンプリ』新作試写会に斉藤壮馬さん、永塚拓馬さんがサプライズで登場

劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」

『劇場版「KING OF PRISM –PRIDE the HERO-」』の公開を記念して5月24日にディノスシネマズ札幌劇場で行われた試写会。

その上映前に、太刀花ユキノジョウ役の斉藤壮馬さん、西園寺レオ役の永塚拓馬さんがサプライズで登場!

気になるトークの模様をお届けします。

永塚さん演じる西園寺レオは北海道出身のキャラクターですが、おふたりはこの日が初北海道だったそう。

観光名所のさっぽろテレビ塔を見たり、チーズケーキやじゃがポックルを食べたりなど、お忙しいスケジュールの中でも北海道を満喫されたようでした!

 

司会 試写会に来てくださった方々に素敵な笑顔で迎えていただいて、いまのお気持ちどうですか?

斉藤 最初は本当に少ない上映館数から始まったんですけど、皆さんの口コミやSNSなどで広がって大勢の方に愛していただける作品になって、「ありがとう!」という気持ちと「待たせたな!」という気持ちがあります。

劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」 太刀花ユキノジョウ役 斉藤壮馬

太刀花ユキノジョウ役 斉藤壮馬

永塚 こうして直接お礼を言えるのは、皆さんが応援をしてくださったおかげだと思うので、「ありがとうございます」という気持ちしかないですね!

劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」 西園寺レオ役 永塚拓馬

西園寺レオ役 永塚拓馬

司会 アフレコの時の思い出はありますか?

永塚 今回はガヤの声がすごいかもしれないです。収録中もキャストの気合いがハンパなくって。

斉藤 僕は最後の方に収録をしたんですけど、皆さんが先に収録された声を聴いたら音が大きくて、すごい気迫を感じました。

永塚 普通の作品なら悪目立ちしちゃうから「もう少し抑えてください」って言われるんですけど、『キンプリ』の場合は「もっと(声出して)! そんなんじゃ足りないよ!」という感じで、アフレコ現場は燃えてましたね(笑)

司会 今作もチームワークが良かったということですが、監督とはどういったお話をされましたか?

永塚 僕は「もっとキラキラしろ」とか「もっと喘いで」とか「もっと大きな声で」って言われていました(笑)

斉藤 僕もアドリブのシーンで「もっとエロく!艶めかしく!」とずっと言われ続けていましたね。それがどのシーンなのか、ぜひ楽しみにしてもらいたいです。

司会 レオはユキノジョウを師匠として慕っていますが、永塚さんから見てユキノジョウはどんな存在ですか?

永塚 どちらかというと僕はレオくんよりユキノジョウの方が近いのかな。僕もレオくんのような女の子らしい役を演じることがあるんですけど普段は普通に男なので(笑)、女形を演じるユキノジョウのことは演者として尊敬しています。

司会 レオを演じる上での楽しさはどういうところに感じますか?

永塚 普段の自分が絶対言わないようなことをバンバン言っていたり、しないような行動をするところですね。

司会 斉藤さんはユキノジョウを演じる上でいかがでしたでしょうか?

斉藤 ユキノジョウは背負ってるものが非常に大きいです。その彼が“プリズムスタァを目指したい”という自分の意思を示して一歩踏み出してるところを僕は尊敬しているので、そういったところを表現できればなと思っていました。

司会 役作りで意識していることはありますか?

斉藤 1作目は妖艶で雅な感じを出せるようにしようかなと思っていましたね。今作では、ユキノジョウもみんなと一緒になって喋っているシーンがあって、「あのユキ様が若者っぽくなってる!」みたいな部分がけっこうあったので、それは本当に楽しみながらできました。

司会 レオを演じる上で意識していることはなんですか?

永塚 斉藤さんは妖艶な感じと言っていましたが、僕は逆に跳ねるような感じのキャラクターなので、スタッカート気味というか、語尾をしゃくりあげるような感じにしました。前作は驚くことが多かったんですけど、今回は会話も多いのでそういったところでまた違ったレオくんを意識しました。あと、アドリブで「よし!」というセリフがあるので、それをぜひ見つけていただければ嬉しいです!

司会 アドリブってあるんですね。

斉藤 前作よりも役が自分の中に馴染んできたと思うので、けっこうみんなアドリブを入れていましたね。ユキノジョウはそんなには採用してもらえなくて、監督には「あんまり無理しなくていいよ」って言われました(笑)

永塚 ユキ様だからね(笑)

斉藤 でも遊べるキャラはかなり遊んでいました。ここもアドリブなんじゃないかなと気にしながら観ていただきたいです。

司会 これから最新作を皆さんにご覧いただくわけですが、ネタバレにならない程度に、ここ観てほしいなという所はありますか?

斉藤 もしかしたら今作が初めての方もいらっしゃるかもしれないですが、本当に「こんなの初めて!」という作品です。『キンプリ』のお芝居をしていると、泣いていたと思ったら笑ったり、感情があっちこっちに行き来することがありました。きっと皆さんもそうなると思います!

永塚
 感情がいろんなところに飛んでいくので、振り落とされないようにしていただければなと(笑)

斉藤 あとは新キャラの「高田馬場ジョージ」。これぞ杉田さん!という感じですさまじいことになっています。

永塚 ジョージのシーンは大いに笑っていただければ嬉しいです!

司会 瞬きする暇がないですね! それでは最後に、おふたりに一言ずつご挨拶をいただきたいと思います。

斉藤 皆様、今日は短い時間でしたがありがとうございます。これからご覧になる際は、ぜひ考えずに感じてください! よろしくお願いします。

永塚 レオくんの生誕の地である北海道にお邪魔することができて嬉しいです。皆様への感謝の気持ちはすべて作品に込めましたので、ぜひ気持ちを
受け取っていただけると嬉しいです!

司会 斉藤壮馬さん、永塚拓馬さん、ありがとうございました!

劇場版「KING OF PRISM –PRIDE the HERO-」

  • 原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ
  • 監督:菱田正和
  • 出演:柿原徹也、前野智昭、増田俊樹、寺島惇太、斉藤壮馬、畠中祐、八代拓、五十嵐雅、永塚拓馬、内田雄馬、他
  • 配給:エイベックス・ピクチャーズ

6.10(土)よりディノスシネマズ札幌劇場ほか全国ロ-ドショ-

STORY
昨年大ヒットとなった劇場アニメ作品『キンプリ』が煌めきを増して帰ってきた! Over The Rainbowのライブで見たプリズムショーに憧れ、エーデルローズに入学した一条シン。そこでは7人の新入生が未来のプリズムスタァになるべく学んでいた。しかしそこにシュワルツローズという対抗勢力が現れ、エーデルローズを解散の危機へ追い込んでいく…。

ⓒ T-ARTS/ syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ/ タツノコプロ/ キングオブプリズムPH製作委員会

OFFICIAL WEB

Recommend
No articles