“イトワタシ” 私がワタシになった理由 ―『伊東歌詞太郎』『イトヲカシ』

私が今の自分になったきっかけ、それはシンガーソングライターの伊東歌詞太郎さんである。

歌詞太郎さんを初めて知ったのは、2012年1月10日「メルト 歌ってみた」が投稿された時だ。この頃の自分はボカロにハマっていたが、ふとした時に「歌ってみた」というカテゴリに気づき、そこで最初に聴いたのが歌詞太郎さんの歌声だった。

歌は元々好きで音楽番組も欠かさず観ていたが、これといって好きな歌手がいるわけではなく、友人がアイドルにハマっていても全くと言っていいほど興味が湧かなかった。

でも、この人は違った。

歌声を聴いた瞬間、雷が落ちたのかと思うほどの衝撃が全身を走り、私は光の速さで伊東歌詞太郎さんに夢中になっていった。

CDを買ったのも歌詞太郎さんが人生初だった。それまで代わり映えしない毎日を送っていた自分が、毎日何時間も同じアーティストの歌を聴いている。正直自分でも想像できなかった。

高校入学と共にスマホを購入し、親から禁止されていたtwitterをこっそり始め、一番に歌詞太郎さんをフォローした。毎日のツイートでこれまで見られなかった普段の様子などを知ることができ、とても嬉しかった。

そんなある日、歌詞太郎さんが宮田”レフティ”リョウさんとのユニット「イトヲカシ」として、全国路上ライブツアーで地元に来てくださることを知った。今までライブに行きたくても東京や札幌が多かったため、悲しみに暮れていた私にとって本当に奇跡だった。

そして2014年、初めてライブを観ることができた。

イトヲカシのライブは想像以上にたくさんの方が観に来ていて、道外から来ている人もいるほどだった。ライブは本当に素晴らしく、ライブ終了後まさかの希望者全員へのサイン対応があり、初対面&会話をすることができたのだった。

その時書いてもらったサイン色紙は今でも部屋の一番目立つところに大切に飾っている。その後、札幌で行われるライブにも積極的に参加した。

今や「イトヲカシ」はメジャーデビューを果たして活動の輪を広げ、メディアの注目の的となり、道内でも様々なイベントに引っ張りだことなっている。今年の夏はJOIN ALIVE 2017への出演が決まり、ルスツリゾートのCMソングに起用されるなど北海道との縁も大切にしてくれている。

私はそれが本当に嬉しく、これからもずっと、お婆ちゃんになっても応援し続けるだろう。

伊東歌詞太郎さん、イトヲカシさんに出会わなければ今の自分は絶対に存在しないだろうし、何の変化もない平凡な日々を送ることになっていたと思う。高校の時もこの人の歌があったから、辛いことがあっても毎日学校に通えた。

昔の自分に「自分の人生をかけて、本当に心の底から応援したいと思えるアーティストができたのよ」と言っても、絶対に信じてもらえないことでしょう(苦笑)

私は今の自分が構成されるきっかけとなった「伊東歌詞太郎」さん、「イトヲカシ」さんに心から感謝をし、これからの人生を楽しく送っていきたいと思う。

イトヲカシ OFFICIAL WEBSITE

〜イトヲカシ 道内ライブ予定〜

「イトヲカシsecond one-man tour 2017」

4/29函館クラブココア

4/30札幌PENNY LANE 24

・「JOIN ALIVE2017」7/15出演

文:モエ